ホーム > コンサルティング

社外CTO/CIOサービス

当サービスは、専任のCTO(最高技術責任者)/CIO(最高情報責任者)を置くほどではない中堅規模の企業様に対して、その役割を代行するサービスです。「IT顧問」と考えていただくと分かりやすいかもしれません。たとえば、以下のようなお悩みを解決します。

  • 「どんな情報システムが、自社の悩み解決に役立つのか分からない」
  • 「いろいろな情報システムを導入しているが、どう連携させればいいのか分からない」
  • 「開発会社を探しているが、どうやって選んだらいいのか分からない」
  • 「社内にエンジニアはいるが、今ひとつ何を言っているのか分からない」
  • 「顧客とカスタマイズ要件を調整できる、技術とビジネスのバランスが取れた担当がいない」

ここに挙げた以外にも、事業へのIT活用に関する悩みをお持ちの経営者様のご相談に対応します。

自社でサービス企画から開発・運営まで行なっているノウハウを活かして、システムや開発者の言葉と、経営や事業の言葉の通訳をしながら、お客様の事業推進をお手伝いします。

詳細は、お問合せフォームからお問合せください。

支援の例

顧客企業支援の概要
老舗B2B企業
(数百人規模)
新規Webサービスの要件定義、外注先選定・管理、ファーストカスタマー(数万人規模の法人)向け提案活動支援
スタートアップ
(十人規模)
既存Webサービスの課題管理、新規サービスの顧客向け提案活動支援等
家電ベンチャー
(数百人規模)
ERP(NetSuite)導入の顧客側管理者兼PM、導入後の適用範囲拡大(顧客企業とのEDIや、他システムとの連係実装を含む)
メガネの製造小売企業
(千人規模)
自社ECサイトリニューアルの要件定義・外注先選定支援、現行ECサイトの保守・開発管理、パフォーマンスチューニング等

受託開発サービス

弊社では、自社運営サービスの開発で活用し、ノウハウを蓄積している技術を活かせる案件に限定して、受託開発をお受けしています。

以下のような開発でお困りでしたら、お問合せフォームからお問合せください。

地図サイト受託開発サービス

Google Maps APIや、D3.jsを利用した地図サイトの受託開発を承ります(スマートフォン対応サイトへの組み込みも可能です)。自社サービスとして公開中の「お好みダムサーチ」や「どこでも方位図法」のように、操作性を重視して開発します。

KMLレイヤ、カスタムオーバーレイのような高度な機能を使った実績もあります。

Google Maps APIの対応バージョンは、JavaScript版の最新のバージョン3(V3)系列です(旧版のバージョン2(V2)系列は、2013年11月に提供が終了されました)。